今の結婚事情には「結納」は合わない

昔は婚約したら結納を交わすのが当たり前のように行われていた行事でした。

しかし、近年では結婚してからも共働きで家計をお互いに支えていくと考えているカップルも多く、堅苦しいことはできるだけ避けたいという意見もあることから、両家の食事会などを行うだけで済ませる傾向があります。

若いカップルを中心として、結婚が家同士の結びつきであるという考え方が薄れてきていることもありますし、不況の影響で、結婚後の生活を楽にするためにも、形式的なことで費用を出したくないと考えている人が増えてきていることも理由の一つとして考えられます。

木材ならではの調湿作用で快適

とはいえ、地方によってはこの習慣はまだ根強く残っており、結婚するのであれば結納をきちんとしてほしいと考える両親は一定数います。
地方の風習が根強く残っている九州地方などは、今でも結婚が決まったら結納を執り行うという世帯が多い一方で、都市部ではこれらのしきたりをあまり重要視しない世帯が多いという統計も出ています。

結婚する当事者同士が必要ないと判断したときには、無理に結納を交わす必要もありませんが、地方のしきたりを大切にするところでは、相手の家族と不要ないさかいを起こさないためにも、両家で相談してどうするのかを決めておいたほうがよいでしょう。
双方で意見が折り合わない場合には、基本的には男性側の意見を尊重する傾向があります。

そんな方に低価格でこだわりデザインのカードがあります

結納の内容も簡略化しており、本来は必要な仲人を立てずに略式で行うケースがほとんどです。着物を着る機会が少なくなったことから、帯や着物地などを用意せずに、現金や縁起物などを贈ることが増えています。

また、顔合わせの挨拶も兼ねて、女性宅ではなくホテルやレストラン、料亭などで行うこともあります。飲食と結納の品をセットにしているプランなどもあり、利用者の準備の負担も軽減されています。

また、男女平等という考え方が浸透していることもあり、金品の代わりに結婚記念品をお互いに交換し合うというケースもあります。カップルだけでなく、双方の親にも相談して、結納をするのか、する場合にはどういった内容で行うのかも決めておいたほうがよいでしょう。

特に地域が異なる両家での顔合わせの場合には、お互いが受け継いでいる慣習が異なっていますので、意見のすり合わせで苦労することもあります。
今後長い付き合いになりますので、お互いが納得できるような妥協点を見つけて、つつがなく執り行うようにしましょう。

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.